学術情報 -Asthma Flash-

本誌は、呼吸器科領域のインパクトファクター上位の雑誌の中からシュプリンガー・ジャパン株式会社が公正中立の立場で論文選択、翻訳等を含む作業全般を担っている医療関係者向けの資材です。

弊社は、医療関係者に有益な情報を提供することを通じて医療に貢献することを目的に本資材の提供を行っており、本資材作成にかかる費用を負担しています。

本資材には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これを推奨するものではありません。

本資材を受領される際には、以下の内容をご確認いただきたく存じます。

  • 本資材に記載された薬剤の使用にあたっては、最新の添付文書をご参照ください。
  • 本資材は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。

2020年10月

Asthma Flash Vol.1


  • NEWS 1:中等症から重症の喘息患者において身体活動性の低さ、肥満、不安や抑うつ症状は喘息の転帰不良と関連する
    Freitas PD, et al. Eur. Respir. J. 2020 Jul 30;2000240. doi: 10.1183/13993003.00240-2020. Online ahead of print.
  • NEWS 2:重症COVID-19入院患者において喘息は転帰不良と関連していない
    Lovinsky-Desir S, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2020 Aug 6;S0091-6749(20)31100-3. doi: 10.1016/j.jaci.2020.07.026. Online ahead of print.
  • NEWS 3:定期的なサポートを受ける自己管理は通常ケアと比較して、喘息患者におけるヘルスケアリソースの利用(入院または救急科受診)を抑制し、QOLを改善する
    Hodkinson A, et al. BMJ 2020 Aug 18;370:m2521. doi: 10.1136/bmj.m2521.