学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の電子添文(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
呼吸器科、耳鼻科、泌尿器科、消化器科、小児科、感染管理、皮膚科の各領域の最新学術情報をご紹介しています。

呼吸器科

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから、慶應義塾大学医学部の福永興壱先生が公正中立の立場で選択された最新学術論文のアブストラクトを、シュプリンガー・ヘルスケアが翻訳し、毎月10日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年11月
    1. 肺気腫に対するロサルタンの臨床試験 ―Pulmonary Trials CooperativeによるLosartan Effects on Emphysema Progression試験―
    2. 重症COVID-19患者の肺微生物叢は治療抵抗性の急性呼吸窮迫症候群と関連する
    3. 進行性線維性肺疾患の高分解能コンピュータ断層撮影を用いたディープラーニングに基づく転帰予測
注意:本誌は米国で出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Asthma Flash

シュプリンガー・ヘルスケアが、呼吸器領域でImpact Factorの高い雑誌や総合誌から『喘息の病態や治療』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年12月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「重症喘息の決定因子:スウェーデン北部の長期コホート研究」は、追跡調査時の重症喘息と関連する研究開始時の臨床的特徴および危険因子に関する研究です。重症喘息と成人発症喘息との関連は男女でみられましたが、研究開始時の肥満は女性のみに認められたそうです。

    NEWS 2:「呼吸不全を伴う喘息増悪に対する体外式膜型人工肺(ECMO)」は、呼吸不全を伴う難治性の喘息増悪におけるサルベージ療法として、体外式膜型人工肺(ECMO)を実施した場合の死亡率について調査した研究です。ECMOありはECMOなしと比較して死亡率が低かった一方で、病院費用は増加したことが報告されています。

    NEWS 3:「筋骨格内の脂肪と肺機能の推移:Severe Asthma Research Program(SARP)」は、骨格筋内の脂肪が喘息における肺機能の推移の予測因子であるかどうかについて検討した研究です。喘息患者は対照群よりも筋密度が低く(=筋内脂肪が多い)、筋密度が肺機能の推移の予測因子であったのは女性のみだったことが示されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN Health Day News -Respirology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「呼吸器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 吸入型の新型コロナウイルスワクチン、中国で接種開始
    • ビタミンD欠乏症と死亡率の因果関係が遺伝学研究で明らかに
    • 大気汚染はワクチン接種者でもCOVID-19重症化リスクに関連
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Respirology- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「HPVワクチン接種は再発性呼吸器乳頭腫症のリスクを低減する可能性」は、HPV(4価ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種は、手術を要する呼吸器乳頭腫症の再発リスク低減と関連することが、非無作為化試験の結果により示されたとのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

耳鼻科

E・N・T Flash

シュプリンガー・ヘルスケアが、耳鼻咽喉科領域でImpact Factorの高い雑誌やアレルギー専門誌、総合誌から厳選し翻訳した最新学術論文の日本語アブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年12月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「小児の日常臨床における非アレルギー性鼻炎の予備的な識別バイオマーカーとしての鼻腔内好酸球」は、非アレルギー性鼻炎(NAR)の一部である局所アレルギー性鼻炎(LAR)と非アレルギー性好酸球性鼻炎症候群(NARES)を鑑別する予備的なバイオマーカーとして、鼻腔内好酸球について調べた研究です。鼻腔内好酸球の割合20%のカットオフ値は最も信頼できるバイオマーカーとみなされたと報告されています。

    NEWS 2:「一般集団Constancesコホートにおける鼻炎表現型と多疾患併存状態」は、過去12ヵ月間の鼻炎(現在の鼻炎)を有するアレルギー性鼻炎(AR)および非アレルギー性鼻炎(NAR)の表現型について検討した研究です。AR群ではNAR群に比べ、持続性鼻炎、中等症~重症の鼻炎の頻度が高く、AR、喘息既往歴あり、結膜炎既往歴ありの患者は、他の群と比較して、より若年で鼻炎を発症し、鼻炎が重症で、好酸球数が多かったという結果が得られています。

    NEWS 3:「機械学習を用いたCRSwNPにおける疾病負担・経済的負担のプロファイリング」は、教師なしの機械学習アプローチを用いて、鼻茸を有する慢性副鼻腔炎(CRSwNP)患者のクラスター間の医療負担を比較した研究です。手術なしのクラスターよりも手術ありのクラスターの方が費用が高かったことが示されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2022年08月

    Vol.19 No.2 2022 日本語版

    2021年11月~2022年2月掲載論文

    [Full Articles]

    • 頭部外傷後の良性発作性頭位めまい症のリスク
    • 外科的処置後のCOVID-19 交差感染率:発生率および予後

    [Abstracts]

    • 聴神経鞘腫の信号強度:増殖性腫瘍と非増殖性腫瘍の比較
    • 小児の急性中耳炎の治療における1 回の来院での検査と中耳腔換気用チューブ挿入術の実施
    • 前庭誘発筋電位の評価項目と小児のスポーツ脳震盪との関連性
    • 側頭骨の放射線骨壊死:単施設における18 年間の経験
    • 嗅神経芽細胞腫の長期転帰:MD アンダーソンがんセンターの経験および文献レビュー
    • COVID-19 挿管患者における重度の舌浮腫と腹臥位との関連
    • 重度肥満小児に対する口蓋扁桃摘出術の成績
    • 一側性のHPV 陽性扁桃扁平上皮癌を有する患者の二次原発腫瘍
    • 畳み込みニューラルネットワークを基盤とする画像分類システムを用いた喉頭疾患の診断精度
    • 耳下腺多形腺腫の病理組織学的検討:注意を要する病変への「多形性を考慮したアプローチ」
    • 頭頸部の結核:変化の傾向および年齢別のパターン
    • 耳鼻咽喉科領域の蛍光ガイド手術に関する実施中の臨床試験のスコーピングレビュー
注意:本誌は米国で出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Head & Neck Radiology Imaging

耳鼻咽喉科医の扱う頭頸部外科の代表的病態の画像診断について解説いたします。

新着情報-News-

  • vol. 18 頭頸部領域の外傷診断(顔面骨、眼窩、側頭骨など)

    順天堂大学 放射線診断学講座 齋藤 尚子 先生


    [主な内容]

    • 頭頸部領域の外傷の検査法
    • 顔面骨骨折
    • 側頭骨骨折
    • 眼窩の外傷
    • 頭頸部の穿通外傷
    • 文献
注意:本誌は米国で出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN Health Day News -Otolaryngology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「耳鼻咽喉」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。」

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 内耳構造決定法がメニエール病の診断に役立つ可能性
    • 再発性めまいに関連する3疾患にかなりの医療費が費やされている
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Otolaryngology- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「HPVワクチン接種は再発性呼吸器乳頭腫症のリスクを低減する可能性」は、HPV(4価ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種は、手術を要する呼吸器乳頭腫症の再発リスク低減と関連することが、非無作為化試験の結果により示されたとのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

泌尿器科

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • 2022年10月号 Vol.5 No.3 October 2022
    • cine MRIを用いた前立腺摘除術後の尿失禁に対する肛門挙筋収縮の影響の評価
    • ボツリヌス毒素による男性過活動膀胱の治療:システマティックレビュー
    • 日本の三次医療機関におけるハンナ型間質性膀胱炎患者に対する膀胱摘除術
    • バニロイド受容体TRPV1に対するノコギリヤシ果実抽出液の影響
    • 血中循環腫瘍DNAはintraductal carcinoma of the prostateを有する患者の遺伝形質を明らかにする
    • 悪性尿管閉塞を伴う筋層浸潤性膀胱癌患者におけるネオアジュバント化学療法の安全性
    • 十分なBCG免疫療法により治療した膀胱上皮内癌の最新の転帰
    • 新たに診断されたGleasonスコア≧8の転移性ホルモン感受性前立腺癌の予後に対するGleason pattern 5の意義
注意:本誌は海外で出版された雑誌を元に編集したものです。国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN Health Day News -Urology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「泌尿器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 尿管結石の治療に超音波技術の併用が有効
    • 仙骨神経刺激療法は下部尿路機能障害の治療法として安全
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Urology- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「腹腔鏡下ヘルニア修復術中の導尿カテーテル使用は尿閉を予防せず」は、術後尿閉を予防するために腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術中に導尿カテーテルを留置するという一般的な方法には、意味がない可能性があることが新規研究により示唆されているとのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

消化器科

IBD Update

シュプリンガー・ヘルスケアが、消化器科領域でImpact Factor の高い雑誌や総合誌から『炎症性腸疾患(IBD)の治療・診断・疫学やmesalazine製剤』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年12月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「潰瘍性大腸炎およびクローン病に関連する腸がんの臨床的特徴と腫瘍学的転帰に関する研究」では、長期にわたるIBD患者で発症リスクの高い腸がんにおいて、潰瘍性大腸炎(UC)関連がんとクローン病(CD)関連がんとの違いを検討した日本の後向き研究をご紹介します。1,505例のUCまたはCD患者の腸がんについて後向きに解析したところ、両者の腸がんの臨床的および腫瘍学的特徴は異なることが示され、CD関連がんのほうが、より進行した段階で診断され、サーベイランスによる診断頻度も低く、予後不良であることが明らかになりました。

    NEWS 2:「潰瘍性大腸炎に対するNancy indexの評価者間信頼性:単施設での実臨床における実用性と使いやすさの評価」では、Nancy index(NI)を用いた組織学的評価は評価者間信頼性によってどの程度影響されるかを検討したドイツの単施設後向き研究をピックアップしました。潰瘍性大腸炎(UC)の2コホート(全1,085検体)を対象に評価した結果、評価者間のスコア結果の一致度(κ=0.796)がかなり高かったが、NI grade1で不一致が多かったことから、NIは評価者間信頼性が高く、使い易いUCの組織学的評価指標である一方、NI grade1に至る組織学的特徴を特定する臨床的ニーズがあることが示唆されました。

    NEWS 3:「IBD Self-Efficacy Scale日本語版の開発・検証および日米における文化間比較研究」では、IBD患者にとって重要な健康アウトカムである自己効力感(Self-efficacy)の評価尺度であるIBD Self-Efficacy Scaleの日本語版「IBD-SES.J」を開発・検証し、日本人患者のSelf-efficacyの特徴を既報の米国人患者と比較した研究結果が報告されましたので、ご紹介します。919例の日本人患者のIBD-SES.Jに対する回答を解析した結果、IBD-SES.Jの信頼性および妥当性が示され、ほとんどの項目で日本人患者は米国人患者に比べてスコアが低かったことから、日米の文化間におけるスコア差を明らかにするためのさらなる調査が必要と考えられました。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN Health Day News -Gastrology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「消化器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。」

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 炎症性腸疾患患者の全死亡率は一般集団と同程度
    • 炎症性腸疾患患者の約半数に低亜鉛血症
    • 炎症性腸疾患は歯周病の増加と関連
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Gastrology- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「ノルウェーのIBS患者に持続的な緩和をもたらした糞便微生物叢移植」は、3年にわたるフォローアップの後、糞便微生物叢移植を受けたIBS患者の症状はプラセボを投与された患者より有意に軽減しており、有害事象もごく少数かつ軽度であった、とのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

小児科

KYORIN Health Day News -Pediatrics- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「小児」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。」

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 親の多くは未使用の処方薬を自宅に保管
    • 米国ではアレルギー対応粉ミルクが推定必要量以上に購買されている
    • 新型コロナウイルスワクチンを定期接種に追加するよう勧告、米CDC諮問委員会
    • 妊娠中のフタル酸エステル曝露は小児期の肺機能低下と関連
    • 喘息のハイリスク児を特定するツールを開発
    • 認知行動療法が小児における食物アレルギー関連の不安を軽減する可能性
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Pediatrics- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「栄養療法は若年糖尿病前症の糖尿病への進展予防に有用」は、日常的な栄養カウンセリングは、高血糖を改善し、糖尿病前症の小児や青少年の2型糖尿病発症を予防できることが研究者らの報告により明らかになったとのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

感染管理

KYORIN Health Day News -Infection Control- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「感染管理」の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。」

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • パンデミック中に急性心筋梗塞関連の死亡が大きく増加
    • 新型コロナウイルス出現後の小児呼吸器感染症の動向に変化
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Infection Control- (外部サイト)

KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。紹介します。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日
    • <priority>AIは臨床医による熱帯病の鑑別に有用
    • <priority>CDCは小児における不可解な急性肝炎症例の調査を継続
    • COVID-19に感染した成人の約5人に1人で長引く症状 - 米国の研究
    • ワクチン接種プラスCOVID-19既往がオミクロン株に対する最善の予防法
    • 中世の黒死病の起源をめぐる謎を解いた古代DNA
    • mRNAワクチンに認められる重大な健康問題リスクは低い
    • <priority>最初はCOVID、今はサル痘:医療従事者への影響
    • 妊娠中のCOVID-19感染は乳児の学習能力と関連
    • サル痘DNAが一部の症例の精液中で検出 - 研究者発表
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

皮膚科

KYORIN Health Day News -Dermatology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、Health Day News の中から厳選し翻訳した「皮膚科」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。」

新着情報-News-

  • 2022年11月21日 今月の記事リスト
    • 1年生時の軽度の湿疹は6年生までに消失する可能性が高い
    • 瞑想が乾癬患者の症状を緩和しQOLを改善する可能性
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Dermatology- (外部サイト)

KYORIN REUTERS NEWS -Dermatology-
KYORIN REUTER NEWSは9月をもちまして更新を終了いたしました。
公開済みのニュースは本年12月まで閲覧可能です。

新着情報-News-

  • 2022年9月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    「乾癬は脂肪肝疾患リスク上昇と関連」は、乾癬は米国の外来患者における非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)のリスク上昇と関連していることが最近の研究により明らかになったとのニュースです。priorityニュースに指定されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。