学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
「耳鼻科」「呼吸器」「小児科」「感染管理」などの各領域の最新学術情報をご紹介しています。

Asthma Flash

シュプリンガー・ジャパン株式会社が、呼吸器科領域で Impact Factor の高い雑誌から『喘息の病態や治療』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年10月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:オーストラリアとブラジルで行われた肺外のtreatable traits(治療可能な特徴)に関する研究です。近年登場したトピックであるtreatable traitsを取り上げてみました。

    NEWS 2:COVID‐19の影響が大きかった米国ニューヨーク市からの報告をご紹介します。喘息の有無によってCOVID‐19入院患者の転帰に差はあるのかを検討した興味深い論文です。

    NEWS 3:英国における喘息の自己管理とヘルスケアリソース使用およびQOLとの関係を調査した研究を取り上げました。系統的レビューおよびメタ解析で検討した文献数や例数等が非常に多いのが特徴です。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

E・N・T Flash

シュプリンガー・ジャパン株式会社が、耳鼻咽喉科領域で Impact Factor の高い雑誌から厳選し翻訳した最新学術論文の日本語アブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年10月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:鼻茸を有していない慢性副鼻腔炎(CRSsNP)の線維芽細胞では、マイクロアレイ解析の結果、健康対照と比較して一部の転写因子のアップレギュレーションが認められたことを報告した文献をピックアップしました。ENT Flashではあまり取り上げることのない遺伝子関係の話題です。

    NEWS 2:慢性副鼻腔炎と睡眠障害との関連について検討した研究を取り上げています。慢性炎症と慢性副鼻腔炎に関連した睡眠障害との関連性がこれまで指摘されてきましたが、今回の研究ではそれを否定する結果が示唆されており、一つの考え方として紹介させていただきました。

    NEWS 3:アレルギー性鼻炎および/またはアデノイド増殖・口蓋扁桃肥大を有する小児で口呼吸する患者を対象に、肺動脈圧と鼻腔通気度との関連について調べた研究です。耳鼻咽喉科の疾患が循環器にも影響を及ぼす可能性が示唆されています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから、喘息とCOPDの論文を中心に毎月3報の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年10月
    1. フタル酸ジブチルはアレルゲン誘発性の肺機能低下を増強し、ヒトの気道免疫応答を変化させる
      無作為化クロスオーバー試験
    2. 慢性気管支炎に対する気管支レオプラスティ治療
      多施設共同臨床試験の12ヵ月後までの結果
    3. 肺発達に関連する遺伝子と成人の肺機能との関連
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • Vol.3 No.3 October 2020
    • 男性の二次性夜間多尿および夜間多尿症候群における夜間利尿率がピークとなる時点の比較
    • 外科療法の適応となる骨盤臓器脱の女性における腹圧性尿失禁の診断のための咳ストレステスト
    • 複合的な支援ニーズのある高齢男女において尿失禁および便失禁は転倒リスクと独立して関連する:ニュージーランドの地域住民を対象とする研究
    • 骨盤臓器脱に対する合成メッシュを使用しない従来の手術と合成メッシュを使用した手術とを比較する多施設共同無作為化試験:5年間の追跡調査
    • 前立腺癌の予測のためのMRIに基づく新規モデルの外部検証
    • 前立腺摘除術後の前立腺床における再発に対する定位放射線療法:
      多施設共同症例集積研究
    • ステージ3~5の慢性腎臓病患者に対する腎部分切除術中の阻血回避手技は有益か?
    • 泌尿器科手術を受けた高齢患者における術後せん妄の発現率とリスク因子:
      多施設共同前向き研究

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2020年8月

    Vol.17 No.2 2020 日本語版

    2019年11月~2020年2月掲載論文

    [Full Articles]

    • ヒト保存側頭骨を用いた有毛細胞の領域別残存率の評価
    • 外来での喉頭手術に用いる局所麻酔手技:患者の選好の比較

    [Abstracts]

    • インフルエンザ伝播の季節性パターンの生理学的モデル
    • 一側性難聴患者に対する人工内耳手術の多面的な好影響
    • 経乳突的に上鼓室に挿入した内視鏡による真珠腫手術終了時の人工耳小骨調整のベネフィット
    • 高度の両側前庭機能低下症患者におけるVOR適応訓練および維持
    • 1箇所切開による腓腹神経採取:顔面神経交差移植術のための技術的検討
    • 特発性再発性顔面神経麻痺患者における手術成績:まれな臨床像
    • 篩骨動脈を有茎とするseptal floor rotational flapを用いた内視鏡下頭蓋底再建術
    • 2008~2017年に経験した副鼻腔真菌症1,717症例のレトロスペクティブ解析
    • 小児扁桃切除術と小児扁桃摘出術の術後合併症に関する比較:一般住民ベースのコホート研究
    • 先天性喉頭軟弱症は炎症性疾患か?ビタミンDの役割
    • 高リスクの頭頸部皮膚扁平上皮癌に対するセンチネルリンパ節生検
    • 耳鼻咽喉科- 頭頸部外科における機械学習の最新レビュー
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Head & Neck Radiology Imaging

耳鼻咽喉科医の扱う頭頸部外科の代表的病態の画像診断について解説いたします。

新着情報-News-

  • vol. 18 頭頸部領域の外傷診断(顔面骨、眼窩、側頭骨など)

    順天堂大学 放射線診断学講座 齋藤 尚子 先生


    [主な内容]

    • 頭頸部領域の外傷の検査法
    • 顔面骨骨折
    • 側頭骨骨折
    • 眼窩の外傷
    • 頭頸部の穿通外傷
    • 文献
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

外部サイト -学術情報-

KYORIN REUTERS NEWS -Common Disease-

兼松ウェルネス株式会社が、ロイターニュースのなかから厳選し翻訳した「呼吸器」、「耳鼻咽喉」、「泌尿器」、「消化器」、「小児」の各領域における最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年10月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    小児

    「COVID-19によるクループは典型的なクループよりも重度になる可能性」は、今回新規に報告された「COVID-19によるクループ」の限定的な症例から、これらの患者が「治療を受けても、典型的なクループ患者ほど速やかに改善しない可能性がある」ことが示唆されたというニュースです。Reuters Priorityに指定されています。


    消化器

    「炎症性腸疾患(IBD)治療薬によってCOVID-19を治療できる可能性がある」は、COVID-19感染患者とIBD患者には共通の免疫応答シグネチャが存在するため、IL-12/23阻害薬やTNF阻害薬といった既存のIBD治療薬の一部がCOVID-19感染患者に対しても利用できる可能性があることが示されたというニュースです。


    泌尿器

    「骨盤底筋トレーニングのアプリは低品質であることが多い」は、尿失禁の治療用に骨盤底筋トレーニングを提供する多くのモバイルアプリは品質が低く、臨床試験による評価を受けていないことが最近の研究により示唆されているとのニュースです。


    耳鼻咽喉

    「イエダニアレルギーに対する舌下免疫療法のベネフィットが試験で確認される」は反応性指数が300のイエダニ抽出物含有舌下錠が、アレルギー性鼻炎症状の軽減に有効であることを、第III相プラセボ対照ランダム化比較試験が示しているとのニュースです。


    呼吸器

    「喘息を有するCOVID-19入院患者はアウトカムが悪くない可能性がある」は、喘息を合併している65歳以下のCOVID-19入院患者は、喘息を合併していない65歳以下のCOVID-19入院患者よりもアウトカムが不良というわけではなく、喘息はCOVID-19アウトカムの悪化と関連していないことが最近の研究から示唆されたとのニュースです。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Infection Control-

感染管理に精通した医師と看護師からなる監修委員会が、ロイターニュースのなかから厳選した「感染管理」の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年10月20日
    • ネアンデルタール人の遺伝子は重症COVID-19感染と関連
    • 油脂クリームは個人防護具によって生じる創傷に対する皮膚の保護に有益
    • 米国感染症学会がCOVID-19抗体検査を行うべき場合について言及
    • COVID-19の再感染は起こるが依然としてまれである
    • ポビドンヨード点鼻スプレーはコロナウイルスの拡散を抑制するのに役立つ
    • COVID-19検査陽性はレストランでの食事に関連
    • 公共の場でのCOVID-19スクリーニング検査は信頼できない
    • 医療研修者は定期的な消毒を行わずに携帯電話を使用することが多いことがイタリアの研究で示される
    • 標準的な個人防護具を使用した気管切開術は手術チームへのCOVID-19のリスクを最小限に抑える
    • 「挿管用のシールドボックス」によって医療従事者の感染リスクは減少しない
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。