学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の電子添文(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
呼吸器科、耳鼻科、泌尿器科、消化器科、小児科、感染管理、皮膚科の各領域の最新学術情報をご紹介しています。

呼吸器科

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから、慶應義塾大学医学部の福永興壱先生が公正中立の立場で選択された最新学術論文のアブストラクトを、シュプリンガー・ヘルスケアが翻訳し、ご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年02月
    1. 人種別正常肺機能予測式を使用すると早期の慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断が曖昧になる
    2. 大規模な多施設共同肺機能検査データベースに対するスパイロメトリーに基づくGlobal Lung Function Initiative Global予測式の適用
    3. 肺癌スクリーニングの患者選択には何が関係している? スクリーニング適性において医師の判定に関連している因子
注意:本誌は米国で出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Asthma Flash

シュプリンガー・ヘルスケアが、呼吸器領域でImpact Factorの高い雑誌や総合誌から『喘息の病態や治療』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年3月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「就学前のインパルスオシロメトリーによって学齢期の活動性喘息および肺機能障害が予測できる」は、小児におけるインパルスオシロメトリー(IOS)の有用性を評価した研究です。4歳時の5 Hzにおける呼吸抵抗(R5)の上昇が後年の呼吸器症状や肺機能低下、活動性喘息と関連していたと述べられています。

    NEWS 2:「軽症喘息の表現型は難治性喘息とどのように異なるのか?」は、軽症喘息と難治性喘息(difficult-to-treat asthma)を比較して軽症喘息の表現型を検討した研究です。軽症喘息は、難治性喘息と同様に女性優位、T2-high炎症で、アトピー有病率も同程度であるものの、一方で末梢血/気道の好中球数が低く、肺機能が保たれていたと報告されています。

    NEWS 3:「喘息患者の気道粘液栓と喫煙状況との関連性」は、粘液栓と喫煙、好中球性炎症、気道の大きさとの関連性について検討した研究です。喘息患者の74%に1つ以上の粘液栓が認められ、粘液栓スコアと肺機能および喀痰中の好酸球・好中球との相関性が認められたという結果が得られています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN HealthDay News -Respirology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「呼吸器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • 小児における新型コロナウイルス陽性と喘息の新規診断は関連せず
    • 内視鏡検査を受けるGLP-1 RA使用者で誤嚥性肺炎のリスク上昇
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

耳鼻科

E・N・T Flash

シュプリンガー・ヘルスケアが、耳鼻咽喉科領域でImpact Factorの高い雑誌やアレルギー専門誌、総合誌から厳選し翻訳した最新学術論文の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年3月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「アジアにおけるイエダニに感作された局所アレルギー性鼻炎の臨床的特徴」は、韓国におけるイエダニ(HDM)に対する局所アレルギー性鼻炎(LAR)の臨床的特徴について検討した研究です。HDMに対するLAR群は、HDMに対するアレルギー性鼻炎(AR)群よりも平均年齢が高く、嗅覚機能スコアが悪かったことが報告されています。

    NEWS 2:「1990年から2019年にかけての中耳炎の世界レベル、地域レベル、国レベルの負荷:集団ベース研究」は、Global Burden of Disease 2019研究を用いて、およそ30年間の中耳炎の疾病負荷の変化に関して調査した研究です。世界的に中耳炎の有病率、障害調整生存年(DALY)率、死亡率が低下していると述べられています。

    NEWS 3:「鼻茸を有する慢性副鼻腔炎における炎症性バイオマーカーと疾患コントロールとの関連性」は、鼻茸を有する慢性副鼻腔炎(CRSwNP)において、IL-5とカルプロテクチンが重症度の定義やコントロール不良な患者の同定に役立つかどうかを検討した研究です。多変量解析の結果、喘息、アスピリン喘息、鼻汁/鼻茸組織中のIL-5が、コントロール不良のリスクと関連していたという結果が得られました。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2024年4月

    Vol.21 No.1 2024 日本語版

    2023年7月~2023年10月掲載論文

    [Full Articles]

    • プライマリケア診療で声帯病変を予測するための人工知能ツールの開発
    • 皮弁の組み合わせによって鼻中隔前部穿孔閉鎖術の成績を向上させる方法
    • 頸動脈小体腫瘍の外科的切除における被膜内剥離アプローチ(腫瘍核出術)

    [Abstracts]

    • サーファクタント蛋白A は耳管の表面張力およびマクロファージ遊走に影響を与える可能性がある
    • 症状の局在評価により耳管機能障害のサブタイプを鑑別できる可能性がある
    • 先天性サイトメガロウイルス感染児における早期の前庭および運動機能の予測
    • ヘッドプレートに同心型の球形ジョイントを配置した部分置換用人工耳小骨
    • 内視鏡下鼓膜形成術の変法と定型的な内視鏡下鼓膜形成術の比較:ランダム化比較試験
    • 鼻副鼻腔内反性乳頭腫関連扁平上皮癌(IP-SCC)の術前予測
    • 口蓋扁桃摘出術を受ける小児でのCOVID-19 有病率の評価を目的とする各種免疫応答の評価
    • 小児の両側声帯固定:音声の温存が可能な新たな治療法
    • 内視鏡所見による声帯不全麻痺の診断の陽性的中率
    • Chondrolaryngoplasty 後の音声合併症の診断および管理
    • 閉塞した耳管に対する再建術:パイロット症例集積研究
注意:本誌は米国で出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN HealthDay News -Otolaryngology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「耳鼻咽喉」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • 小児期のアデノイド口蓋扁桃摘出術は成人期の過体重リスクを上昇させない
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

泌尿器科

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • 2024年2月号 Vol.6 No.5 February 2024
    • 腹圧性尿失禁の治療における腟レーザー照射と骨盤底筋訓練を比較する無作為化試験
    • 清潔間欠導尿を行っている小児の神経因性膀胱患者における再発性発熱性尿路感染症のリスク因子
    • Rezumシステムによる水蒸気治療後のカテーテル抜去の試み失敗のリスク因子
    • 男性尿閉患者におけるカテーテル抜去の試み成功の予測因子
    • T4前立腺癌の根治的局所療法による局所コントロールおよび生存率の改善
    • 68Ga-PSMA-PETおよびマルチパラメトリックMRIは根治的前立腺摘除術後の生化学的再発の治療方針決定に有用か
    • 筋層浸潤性膀胱癌のFDG-PET/CTによる病期分類:全国規模の集団研究
    • 多施設コホートにおける上部尿路上皮癌に対する腹腔鏡下根治的腎尿管摘除術後の膀胱内再発の術前リスク分類
注意:本誌は海外で出版された雑誌を元に編集したものです。国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN HealthDay News -Urology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「泌尿器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • 経皮的脛骨神経刺激が過活動膀胱に有効
    • 過活動膀胱の複合的介入はQOL向上に有用
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

消化器科

IBD Update

シュプリンガー・ヘルスケアが、消化器科領域でImpact Factor の高い雑誌や総合誌から『炎症性腸疾患(IBD)の治療・診断・疫学やmesalazine製剤』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年3月1日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:「IBD患者における遺伝子組換え帯状疱疹ワクチンの有効性:米国でのマッチドコホート研究」では、IBD患者における遺伝子組換え帯状疱疹ワクチン(RZV)の長期的な有効性を調べた、米国での後向きコホート研究をご紹介します。TriNetXデータベースより、RZV投与を2回受けた(IBD-RZVコホート、5,489例)または受けなかった(IBD対照コホート)50歳以上のIBD患者について解析した結果、RZVは帯状疱疹の長期リスク低下と関連することが示され、この患者集団におけるRZVの接種頻度向上のために、より効果的な戦略が必要と考えられました。

    NEWS 2:「システマティックレビュー:潰瘍性大腸炎の健康指標の意義のある変化に対するIBDQ-32の検出能」では、潰瘍性大腸炎(UC)の健康指標の変化に対するInflammatory Bowel Disease Questionnaire(IBDQ)-32質問票の応答性について調べた、米国のシステマティックレビューおよびメタ解析をご紹介します。11論文を対象としたメタ解析および15論文を対象とした記述的レビューの結果、UCの健康指標や疾患活動性の変化、有効な治療に対するIBDQ-32の応答性が示されました。

    NEWS 3:「成人IBD患者における一般的な神経疾患リスク:システマティックレビューおよびメタ解析」では、IBDと一般的な神経疾患リスクとの関連を検討した、イランのシステマティックレビューおよびメタ解析をご紹介します。成人のIBD患者と非IBD患者との間での神経疾患の発症リスクを比較したコホート研究22件について解析した結果、IBDは脳卒中、認知症、パーキンソン病の発症リスク上昇とわずかに関連する可能性が示されました。多発性硬化症、発作/てんかん、末梢神経障害との関連性やその臨床的意義の検討には、さらなる縦断的研究が必要と考えられました。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN HealthDay News -Gastrology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「消化器」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • IBDの腸管外兆候のリスク因子を特定
    • ビタミンD値の高いIBD患者は腸切除リスクが低い
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

小児科

KYORIN HealthDay News -Pediatrics- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「小児」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • にきびに対する抗菌薬処方に影響を与える要因を特定
    • ペニシリンアレルギーのラベル解除はアレルギー非専門の医療提供者でも可能
    • 慢性疾患の小児では睡眠障害が医療利用の多さに関連
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

感染管理

KYORIN HealthDay News -Infection Control- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「感染管理」の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • 手術前のポビドンヨード経鼻投与でSSI発生率が低下
    • 中国で薬剤耐性淋菌が増加、世界的脅威となる可能性
    • COVID-19に抗菌薬の早期使用で回復時間を短縮可能
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

皮膚科

KYORIN HealthDay News -Dermatology- (外部サイト)

兼松ウェルネス株式会社が、HealthDay News の中から厳選し翻訳した「皮膚科」領域の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2024年5月20日 今月の記事リスト
    • 皮膚科における患者の画像使用に関する意識調査
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。