学術情報 -Asthma Flash-

本誌は、呼吸器科領域のインパクトファクター上位の雑誌や総合誌の中からシュプリンガー・ヘルスケアが公正中立の立場で喘息に関連した論文選択、翻訳等を含む作業全般を担っている医療関係者向けの資材です。

弊社は、医療関係者に有益な情報を提供することを通じて医療に貢献することを目的に本資材の提供を行っており、本資材作成にかかる費用を負担しています。

本資材には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これを推奨するものではありません。

本資材を受領される際には、以下の内容をご確認いただきたく存じます。

  • 本資材に記載された薬剤の使用にあたっては、最新の添付文書をご参照ください。
  • 本資材は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。

2021年05月

Asthma Flash Vol.8


  • NEWS 1:気道内のサイトメガロウイルスおよびエプスタイン・バーウイルスがより多く、バクテリオファージがより少ないほど喘息の重症度が高い
    Choi S, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Mar 20;S0091-6749(21)00473-5. doi: 10.1016/j.jaci.2021.03.017. Online ahead of print.
  • NEWS 2:50歳以上の喘息患者においてCOVID-19による入院から2週間以内の吸入ステロイド薬使用で死亡率が低下
    Bloom CI, et al. Lancet Respir. Med. 2021 Mar 4;S2213-2600(21)00013-8. doi: 10.1016/S2213-2600(21)00013-8. Online ahead of print.
  • NEWS 3:気温変動は喘息による入院およびそれにかかる医療費と関連する
    Wu Y, et al. Thorax 2021 Mar 23;thoraxjnl-2020-216549. doi: 10.1136/thoraxjnl-2020-216549. Online ahead of print.

2021年04月

Asthma Flash Vol.7


  • NEWS 1:特定のFADS遺伝子多型を有する小児ではエイコサペンタエン酸およびドコサヘキサエン酸の摂取量が高いほど喘息発症リスクが低下する
    Talaei M, et al. Eur. Respir. J. 2021 Jan 28;2003633. doi: 10.1183/13993003.03633-2020. Online ahead of print.
  • NEWS 2:定量的CT検査結果は、将来の肺機能低下および喘息増悪と関連する
    Krings JG, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Feb 9;S0091-6749(21)00176-7. doi: 10.1016/j.jaci.2021.01.029. Online ahead of print.
  • NEWS 3:肺機能の変動パターンにより2型炎症と関係なく喘息とCOPDの表現型が特定できる
    Delgado-Eckert E, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Feb 3;S0091-6749(21)00162-7. doi: 10.1016/j.jaci.2020.12.652. Online ahead of print.

2021年03月

Asthma Flash Vol.6


  • NEWS 1:妊娠初期および後期の大気中の重金属への複合的曝露は小児喘息発症と関連する
    Hsieh CY, et al. J. Allergy Clin Immunol. 2020 Dec 27;S0091-6749(20)32424-6. doi: 10.1016/j.jaci.2020.12.634. Online ahead of print.
  • NEWS 2:喘息増悪の管理のために抗菌薬を経口コルチコステロイドにルーチンで追加すべきではない
    Murray CS, et al. Eur. Respir. J. 2021 Jan 8;2003599. doi: 10.1183/13993003.03599-2020. Online ahead of print.
  • NEWS 3:重症難治性喘息患者の気管支熱形成術における気道炎症およびリモデリングの予測因子
    Ladjemi MZ, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Jan 13;S0091-6749(21)00005-1. doi: 10.1016/j.jaci.2020.12.642. Online ahead of print.