学術情報 -Asthma Flash-

本誌は、呼吸器科領域のインパクトファクター上位の雑誌や総合誌の中からシュプリンガー・ヘルスケアが公正中立の立場で喘息に関連した論文選択、翻訳等を含む作業全般を担っている医療関係者向けの資材です。

弊社は、医療関係者に有益な情報を提供することを通じて医療に貢献することを目的に本資材の提供を行っており、本資材作成にかかる費用を負担しています。

本資材には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これを推奨するものではありません。

本資材を受領される際には、以下の内容をご確認いただきたく存じます。

  • 本資材に記載された薬剤の使用にあたっては、最新の添付文書をご参照ください。
  • 本資材は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。

2021年09月

Asthma Flash Vol.12


  • NEWS 1:コントロール不良な中等症から重症の喘息ではベースライン時の呼気一酸化窒素濃度を血中好酸球数および増悪歴に加えると予後予測に有用である
    Busse WW, et al. Lancet Respir Med. 2021 Jun 25;S2213-2600(21)00124-7. doi: 10.1016/S2213-2600(21)00124-7. Online ahead of print.
  • NEWS 2:電子タバコの使用は喘息症状の増加や肺機能異常と関連する
    Lee WK, et al. Respirology. 2021 Jul 5. doi: 10.1111/resp.14113. Online ahead of print.
  • NEWS 3:気管支熱形成術によって気道平滑筋の減少、上皮細胞の再生、気道のグルココルチコイド受容体の発現と活性化の亢進、上皮細胞の熱ショック蛋白質の発現亢進がもたらされる
    Papakonstantinou E, et al. Respir Res. 2021 Jun 28;22(1):186.

2021年08月

Asthma Flash Vol.11


  • NEWS 1:ビタミンD濃度が低い喘息児において、ビタミンD補給は総IgE値およびヤケヒョウヒダニまたはチャバネゴキブリに対するIgE値の変化に影響を及ぼさない
    Rosser FJ, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Jun 9;S0091-6749(21)00902-7. doi: 10.1016/j.jaci.2021.05.037. Online ahead of print.
  • NEWS 2:親に息切れが認められる場合、子にも息切れが認められる可能性が高い
    Ekström M, et al. Thorax 2021 Jun 14;thoraxjnl-2021-217271. doi: 10.1136/thoraxjnl-2021-217271. Online ahead of print.
  • NEWS 3:増悪歴、コルチコステロイドの維持療法、鼻茸、アジア人、地理的地域、血中好酸球数およびFeNO濃度の上昇は、コントロール不良の重症喘息患者の増悪リスクの上昇と関連する
    Kraft M, et al. Eur. Respir. J. 2021 Jun 10;2100413. doi: 10.1183/13993003.00413-2021. Online ahead of print.

2021年07月

Asthma Flash Vol.10


  • NEWS 1:アレルギー疾患のリスクが高い乳児における生後早期の牛乳除去または豆乳摂取はアトピーおよび喘息のリスク上昇と関連する
    Hand S, et al. Thorax 2021 May 7;thoraxjnl-2020-215040. doi: 10.1136/thoraxjnl-2020-215040. Online ahead of print.
  • NEWS 2:重症喘息疑いの喘息コントロールおよび専門医への紹介は社会経済学的状況によって異なる
    Håkansson KEJ, et al. Eur. Respir. J. 2021 May 20;2100741. doi: 10.1183/13993003.00741-2021. Online ahead of print.
  • NEWS 3:コークス工場の近くに住む喘息患者において、コークス工場火災が原因の二酸化硫黄曝露で喘息コントロールが悪化
    Byrwa-Hill BM, et al. J. Allergy Clin. Immunol. 2021 Apr 21;S0091-6749(21)00649-7. doi: 10.1016/j.jaci.2021.04.011. Online ahead of print.