-薬効薬理-

ペンタサ坐剤1gは病変部位での局所作用により炎症を抑えます。

作用機序

1. 活性酸素消去作用

マクロファージや好中球などの炎症性細胞から放出される過酸化水素や次亜塩素酸イオンなどの活性酸素を消去し、炎症の進展と組織の障害を抑制すると考えられます。

2. ロイコトリエンB4(LTB4)生合成抑制作用

LTB4の生合成抑制作用を介して、炎症性細胞の組織への浸潤を抑制すると考えられます。

<その他の作用メカニズム>
  1. 1)肥満細胞からのヒスタミン遊離抑制作用
  2. 2)血小板活性化因子(PAF)の生合成抑制作用
  3. 3)インターロイキン-1β(IL-1β)の抑制作用
図:メサラジンの作用メカニズム

非臨床試験

1. 活性酸素消去作用(in vitro1)
図:過酸化水素消去作用(in vitro)次亜塩素酸イオン消去作用(in vitro)
2. ロイコトリエンB4(LTB4)生合成抑制作用(in vitro1)
図:ラット好中球におけるLTB4生合成抑制作用(in vitro)
3. 酢酸誘発潰瘍性大腸炎モデル(ラット)2)

ラットの酢酸誘発潰瘍性大腸炎モデルにおいてメサラジン6.25、12.5、25.0mg/kgの懸濁液(薬液濃度2.08mg/mL、4.17mg/mL、8.33mg/mL)を3mL/kg 1日2回5日間経直腸投与したところ、6.25mg/kgから有意な潰瘍面積の抑制効果が認められました(p<0.01、Dunnettの検定)。

図:酢酸誘発潰瘍性大腸炎モデルに対するメサラジン経直腸投与による潰瘍面積の抑制効果
4. TNBS誘発大腸炎モデル(ラット)3)

ラットのTNBS(トリニトロベンゼンスルホン酸)誘発大腸炎モデルにおいてメサラジン6.25、12.5、25.0mg/kgの懸濁液(薬液濃度 2.08mg/mL、4.17mg/mL、8.33mg/mL)を3mL/kg 1日2回6日間経直腸投与したところ、25.0mg/kgで有意な障害抑制効果が認められました(p<0.05、Dunnettの検定)。

グラフ:TNBS誘発大腸炎モデルに対するメサラジン経直腸投与による障害の抑制効果

  1. 1) 中丸幸一 他:日薬理誌 1994;104:447-457
  2. 2) 小島僚太郎 他:日薬理誌 2001;118:123-130
  3. 3) 動物モデルにおけるメサラジンの障害抑制効果(社内資料:承認時評価資料)

禁忌を含む各種注意事項等につきましては添付文書をご参照ください。